RSS Feed

松下幸之助の経営哲学-その真髄の理解と実践のために-

世の中に優れた経営者と言われる人は多くいますが、”経営の神様”と言われたのは、松下幸之助だけです。なぜでしょうか?それは、卓越した観察力で様々な人々を観察する中で、人間の”無限の可能性”と現実の姿としての”心の弱さ”という相矛盾する本質を発見し、そして、それらの双方の本質を共に活かそうとして、”自分の心を使いこなす”こと、また、それを応用して他人を使うことを極めたからだと言えるのではないでしょうか。つまり、松下幸之助の経営哲学は、”人間学の集大成”とも言えるものです。

本サイトでは、これまで必ずしも十分に解明されなかった松下幸之助の経営哲学の機能とメカニズムを現代の神経科学や脳科学、心理学、神経言語プログラミングなどの知見にもとづいて解明し、その全体像を明らかにして体系化したものです。これまで松下幸之助の経営哲学は知識として頭で理解することはできても、本当の意味で実践することは必ずしも容易ではありませんでした。しかし、本サイトが解明したその経営哲学を”血肉”となるほど自分自身の”信念”とすることができれば、その経営に、また、人生に自然と実践することができるようになるでしょう。そうすれば、結果は自ずとついてくるものだと言えましょう。                                    

 

                           2016年5月1日 著者 宮﨑 勇気                 

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 25

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 25

 上に述べたことは、“私心へのとらわれ”による視野狭窄の状態から、“素直な心”を介して、心を開放し、水平(ヨコ)方向に視野を広げて、より役に立つ“心の持ち方(信念)”を見出し、選択して行く、従来の役に立たない、むしろ有害な“心の持ち方(信念)”を消去し、入れ替えて行くという、いわば“ヨコ方向の心の柔軟性”を活用することであった。

 次に述べたいことは、松下幸之助は“心の中の信念の持つ力”に着目し、それを最大限に活用したということである。それは、“人の思い”や“願望”をタテ方向に深化(信念化)させることによる“願望実現に向けた心の方向付け(プログラム化)の力”についてである。

 松下幸之助は、ある時“成功の秘訣”を問われて、『強く願うこと』だと答えたことがある。『強く願う』とはどういうことであろうか?

 松下幸之助は、『願いを叶える人』『そうでない人』の違いはどこからくるのかと問いかける。「およそ何か事を成すに当たっては、まず何よりもその実現を願うこと、“こうしたい”“ああしたい”という願いを持つことが、その出発点ではないでしょうか。~私たちは、お互い様々な願いを持っています。~ところが、現実には、一方にその願いの通り事毎に成功を収め、隆々たる発展を実現していく人もあれば、他方で、こと志に反して失敗、倒産の苦境に陥る人も少なくありません。こうした違いは、一体どこから生じてくるのでしょうか。」

 そして、その違いは、“願い方の深さ(タテ方向)”の違いにあるのだと言う。「その一つの大きな違いは、事の実現を願うという出発点の内にあるように思われます誰もが同じように成功を願っているけれども、果たしてその願いが日々の行動を変えるほどに強いものであるかどうか、また、その強い願いを常に四六時中持ち続けているかどうかそこに結果に大きな差が生じる一つの要因があるのではないでしょうか。~それらの願いが、本当に自分の心の底からの強い願い、決意にまで高まっているでしょうか日々の忙しさに追われて、単なる一応の願いにとどまっているといったことではないでしょうか。

 つまり、何かに成功するには、目標とすることが“強固な信念”となるまで“強く願う”ことだと言うのである。その願いが、『本当に自分の心の底からの強い願い、決意』にまで高まれば、つまり“強固な信念”として心の中に確立されれば、その“信念”が『日々の行動を変える』のだと言う。それはどういうことか?

 この点、「七つの習慣」を著したスティーブン・R・コヴィー氏は「人間は信念に従って、考え、行動するようになっている」と述べている。また、脳機能学者の苫米地英人博士は、次のように説明する。「人間の無意識は、過去に認識し、蓄積された記憶によって作られ、脳の中にその人にとっての“真実”として記憶しているもの(“信念”)に従って、自動的にその信念が現実化するような判断を下して行動しようとする。それは例えば「それは信じるに値するものだ」「私とはこういう人間だ」(=自己イメージ)という信念である。無意識は最も楽で自然な行動、即ち、自分の信念に従った行動を取るように働く。」

Copyright © 2020 Yuki Miyazaki All rights reserved.

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。昨年100周年を迎えた現       パナソニック株式会社の創業者である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題       への応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。最新の記事は、       「松下幸之助、パナソニックの惨状に津賀一宏社長を叱る!⑭」です。