• 宮崎 勇気

6.補論①失敗しない経営:松下幸之助とリスクマネジメント⑥ 3)『失敗の原因はわれにあり』と考える:失敗に学び、失敗を繰り返さない③


6.補論①失敗しない経営:松下幸之助とリスクマネジメント⑥

3)『失敗の原因はわれにあり』と考える:失敗に学び、失敗を繰り返さない③

 とはいえ、実際には、『失敗の原因はわれにあり』と考えることは、容易ではない。

 第一に、客観的な事実として、失敗の原因が他人や環境にあることもあるから、この『失敗の原因はわれにあり』という価値前提を受け入れにくいからである。松下幸之助もその点は認めつつも、「100%、譲っても95%は、自分の会社、あるいは自分自身に原因があるというのが実際で、また、そのように考えなければならない。」と主張する。

 この点は、次の様に考えるべきである。

 まず、他人や環境に原因があったとしても、それをどのように捉えてどのように対応するかという点においては、なお自分が決定し、行動する余地があったはずであるから、その時点において、状況の把握不足や捉え方の誤り、対応の誤りという原因がやはり自分の中にあったと言える場合が多いのである。

 この点、松下幸之助は、“不景気”という外部環境に原因がある場合を例に挙げて、次の様に述べている。「不景気だから、利益が上がらなくても仕方がないという見方があるが、現実に不景気の中でも利益を上げ、業績を伸ばしている企業があるということは、やはりやり方しだいだということではないだろうか。」「つまり、業績の良否の原因を、不況という外に求めるか、みずからの経営のやり方という内に求めるかである。経営のやり方というものは、いわば無限にある。そのやり方に当を得れば必ず成功する。」「だから、不景気であろうと何であろうと、必ず道はあるという考えに立って、それを求めていけば、やはりそれなりの成果はあがるものである。」(『実践経営哲学』pp.57-58)

 第二に、松下幸之助がここで主張しているのは、実は“客観的事実”についてではない。あくまで経営者たる者の“心の持ち方”として、如何にあるべきかという観点から『失敗の原因はわれにあり』と考えることの重要性を述べているのである。先の「また、そのように考えなければならない。」との言葉がそのことを示している。

 なぜか?

『失敗の原因はわれにあり』との考えに立って、自分自身の中にある失敗の原因を探り、見つけて、そこに手を打って行く、言い換えれば、自らを変えて行くことは、大変な苦痛を伴うことであり、できれば避けたいと思うのが人情だからである。先に松下幸之助も述べているように、「人間は、易きにつきやすい。ああしなければと頭ではわかっていながら、自分が可愛いから、つい甘やかし、適当なところでお茶を濁しておきたくなる。」からである。

『失敗の原因はわれにあり』との考えに立つためには、このような人間の持つ“心の弱さ”を克服する必要がある。このような心の弱さの根源は、「自分が可愛いから」自分自身というものを意識の中心に置いているからである。そのために、自分の利害や感情などの“私心”を軸として、先に述べた“削除”“歪曲”“一般化”のメカニズムが働き、自分の得することや好きなこと、楽しいことに焦点化する一方で、自分の損することや嫌いなこと、苦痛となることを削除し、避けようとするのである。

 それ故、それを克服するためには、松下幸之助のいう『私的欲望から公的欲望への転換』を図り、『公的欲望の実現』つまり『物心ともに豊かな人間社会の実現』に向けて『人間社会の発展の原動力となること』を目指すことを決意し、それを“強固な信念”にまで高めることである。『世の為人の為』『公の為』に仕事をすることが、“力”“勇気”を生むのである。それが、自分に対して厳しくなることを可能にする。『公の為に』『失敗の原因はわれにあり』と考えることができるようになるのだ。

 その上で、先に述べたように、“生成発展の原理”から「経営というものは、正しい考え方、正しいやり方をもってすれば必ず発展していくものと考える」ことから、うまく行かなかった場合には、自分の“考え方”か“やり方”に問題があったのだと考える思考プロセスに導かれることとなる。

Copyright © 2019 Yuki Miyazaki All rights reserved.

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。今年100周年を迎える現パナソニック株式会社の創業者       である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題への応用として、最近の話題等をテーマにしたブログで       す。 最新の記事は、

「6)私たちは“仮想現実の世界”に生きている!人生も仕事も心の持ち方次第②」です。

#失敗しない経営

0回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now