• 宮崎 勇気

6.補論①失敗しない経営:松下幸之助とリスクマネジメント㉒ 8)衆知を集めること②:上意下達、下意上達①


6.補論①失敗しない経営:松下幸之助とリスクマネジメント㉒

8)衆知を集めること②:上意下達、下意上達①

 松下幸之助は、『衆知を集める』ためには、『人の和』があってはじめて可能であり、また衆知が生きてくるのだと言う。そして、それらの“基盤”として『上意下達』『下意上達』が重要であると強調し、次の様に述べている。「人の和が醸成され、衆知が生かされて行くという好ましい姿を生む一つの基盤として、上意が下達しているかどうか、下意が上達しているかどうかという事柄があると思います。社長の考えていることが少しも下に通じない。そういう会社は、概してうまくいっていないようです。また逆に、下意が全然上達していない会社は、さらによくないと思います。」

 先に述べた通り、リスクに対応する際にも『衆知を集めること』、それによって組織として対応していくことが極めて重要であるが、その基盤としてやはり『上意が下達しているかどうか』『下意が上達しているかどうか』ということ、いわゆる“風通しの良い風土”が重要である。

一つの組織がその進むべき方向と目的を共有して組織として一致団結してその実現を目指そうというときに、『上意下達』『下意上達』がうまく行っていないと、それ自体がリスクとなる、あるいは、目の前のリスクに適切に対応することができなくなってしまう。

 例えば、会社の経営戦略に基づいて決定された様々な施策が、その考え方ややり方とともに、組織の末端の従業員に正しく伝わり、理解され、実行されること(『上意が下達していること』)が極めて重要である。多くの企業で見られるのは、戦略や施策があってもそれらがうまく実行されないために失敗するケースである。『戦略や施策の実行上のリスク』と呼ぶことができよう。

 より具体的に言えば、第一に、戦略や施策の目的や考え方、やり方が正しく伝わらず、従業員がそれを理解できないために、適切に実行されない場合である。松下幸之助は、会社の方針を末端に浸透させて行く際には、「たとえば課長であれば、自分の考えなり方針が課の人々にどのように浸透しているかを知る必要があります。そして、自分の考えていることで課の人たちが非としている点があるとすれば、なぜ非としているのかということについて話しあっていく必要があると思うのです。」「そういうことをしない会社、つまり命令一つだせばすみずみまで行き渡ると考えている会社は、実際には上意は全体に行き渡っていないことが多いようです。それで、社長の思いと違った行動が随所に起こってきます。」(「商売心得帖」)

 そして、第二に、戦略や施策の目的や考え方、やり方は一応伝わったが、それが従来のやり方の“変革”を求める内容であったために、そのような“変革”に抵抗する従業員が、その実行を拒む場合である。現場には、会社の新たな考え方とは異なる考え方が慣行的に存在しているような場合だ。

 第三に、戦略や施策の目的や考え方、やり方は一応伝わったが、例えば、人事評価の基準が従来のままで戦略や施策の目的や考え方にそぐわないという場合である。例えば、会社の方針が『売上拡大』から『利益重視』に変わっているにも拘らず、人事評価基準は、従来の『売上至上主義』のままで、兎に角“売上”を上げた者が評価されることとなっていたため、輸出管理上や債権回収上など問題のある、いわば“質の悪い売上”が相変わらず多く、後に問題が発生して利益は赤字となってしまうと言う場合である。

Copyright © 2019 Yuki Miyazaki All rights reserved.

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。100周年を迎えた現パナソニック株式会社の創業者であ       る“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題への応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。最新       の記事は、「私たちは“仮想現実の世界”に生きている!9)現代における仮想の世界⑧:コーポレートガ バナンスの強化③」です。

#失敗しない経営

5回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now