• 宮崎 勇気

6.補論①失敗しない経営:松下幸之助とリスクマネジメント⑫ 5)「変化の萌しを敏感に把握して善処しなければならない」②


6.補論①失敗しない経営:松下幸之助とリスクマネジメント⑫

5)「変化の萌しを敏感に把握して善処しなければならない」②

 さらに、松下幸之助は「事業の経営は気宇を大きくし、しかも一面、神経質でなければならない」とし、「大胆である反面、あたかもメーターの針のごとく、わずかの電流にも針がふれる程、神経質でなければならない。各位は経営に対して、このメーターの針のごとく鋭敏であってほしい。」「すべて事には、“萌”がある。小さいことが大事に至る。この“萌”を 敏感に把握して、善処していかなければならない。さらにいえば、匂いによって嗅ぎわけ得るほど鋭敏であってほしい。」(「経営方針発表会」より) と述べ、変化の予兆を敏感に把握して、俊敏に対応することの重要性を指摘しています。

 ここで、松下幸之助は、『メーターの針のごとく』とか『匂いによって嗅ぎわける』と“変化”というものに対して極めて高い感度を経営者に求めています。これは松下幸之助自身の持つ変化への感度を求めたものと考えられますが、それは、松下幸之助自身の経験からくるものとも考えられます。つまり、父母姉妹を次々と肺結核で無くし、自身も若い頃肺カタルで死を覚悟し、病弱な身体にずっと人一倍の神経を使いながらやってきたという経験によって、高い感性が磨かれたものと考えられるのです。『一病息災』(ちょっとした病気のある人のほうが身体に注意をするので、健康な人よりもかえって長生きするということ)という言葉がありますが、それを実践したというわけです。

 また、ここで松下幸之助は、変化自体ではなく、『変化の萌し』を掴めと言っています。つまり、変化というものは突然出て来るものではなく、必ず事前にその“萌し”があるというのです。事前に注意深くアンテナを張っていれば、そのような“萌し”に気づくことができるでしょう。しかし、逆に言えば、そうして事前にアンテナを張っていなければ、偶然という例外を除けば、まず気づくことは難しいでしょう。最近増えていると言われている“熟年離婚”のケースで、定年退職した後に妻から突然“離婚”を求められた夫は大抵驚くと言います。しかし、ほとんどの場合、それ以前に妻は夫に対して何度も“シグナル(信号)”を発しています。ところが、夫はそれに気がつかない。それまで世の中には“熟年離婚”ということがあることは知っていても、まさか自分にそれが降りかかってくるとは全く想定していないからです。人間は、自分が想定していないリスクについて、その“萌し”が目の前にあっても、気がつかないのです。

人間の脳は、その容量の限界から現実世界の膨大な量の情報をすべて認識することは不可能です。そのため、人間の脳の賦活系網様体と言われる部分が外部世界の情報を選別して認識しているのです。その選別の基準となるものは、価値観(自分が重要だと思うこと)と信念(自分が正しいと思うこと)、それに特に問題意識を持っているテーマです。従って、世界の政治経済社会のこれまでの大きな流れの認識の上に立って、将来の政治経済社会環境の変化について“仮説”を持つことが大切でしょう。そのような“大局観”と“問題意識”をもって世の中の動きを見たときに初めて『変化の萌し』に気づくことができるのだと考えます。それは、松下幸之助が、自分の病気の性質と身体の状態、そして様々な環境の変化が自分の身体に与える影響などを神経質に注意深く観察して得た過去の情報を元に、日々環境の変化とそれに影響を受ける自分の身体の状態を診ながら、その日の対処方法を考えたのと同様です。

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。今年100周年を迎える現パナソニック株式会社の創業者       である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題への応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。       最新の記事は、「私たちは“仮想現実の世界”に生きている!7)『人生は芝居のようなもの』⑥」です。

#失敗しない経営

0回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now