• 宮崎 勇気

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第⑤

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第⑤

 第四の例は、“積極の道”である。

 かつて新聞などで“インテリの弱さ”ということが言われた。インテリは、その頭の中にたくさんの知識が詰まっているが、その優秀さのゆえにかえって消極的になり受け身になって、才能を十分に発揮していない場合が少なくないというのだ。例えば、社長が「こんなことができないだろうか?」と問うたときに、「それはできません。なぜならば~」と言って、なまじ知識があるが故に次々と“できない”理由を挙げる、というように、その持てる専門知識を否定的な方向に使ってしまったのでは、事業にブレーキをかけるばかりで、事業は発展して行かない。そうではなく、“どうすれば、それを実現することができるか?”という積極的かつ前向きな観点で物を考えることのできる人が、事業には必要である。


 松下幸之助曰く、「松下電器は従来、会社そのものの方針はもちろん、従業員一人一人の行き方にしても、“積極”を以って特徴としてきた。・・・極端に言えば、松下電器におけるもろもろのことは必ずしも頭が良いか悪いかでなく、積極的であるか否かによって決められるのである。・・・“積極”とは、たくましさであり、闘い取ることである。競争場裡にも臆せずに駒を乗り入れることだ。」(昭和16年6月「一分間の修養」より)

 上記のインテリは、二度三度やってみてうまく行かないと、直ぐに「できない」と諦めてしまう。「できない」理由は豊富な知識からいくらでも説明が可能だ。しかし、自分の少ない経験から“できない”と決めつけてしまうのは、人間の脳の特徴の一つである“一般化”、即ち数少ない経験から一般的にこうだと“決めつける”ことの弊害である。実際には“できる可能性”があるのに、“できない”と決めつけてしまうことで、その“可能性”を自ら遮断してしまい、もはやどうすればできるかという可能性の探求をしようとしなくなるのだ。従って、それ以降は、その可能性を実現する手段や方法に関する情報も“関心”が無くなるが故に“削除”され、“盲点”となって認識できなくなるか、認識しても“歪めて”過少評価し、“使えない”と“決めつけ”てしまう結果、本当にできなくなってしまうのである。

 松下幸之助は、このような否定的な方向での一般化を排除する。曰く、「物事というものは、できることでも、それをできないと思っている限り、やはり実際にできないのではあるまいか。反対に、できそうもないことでも、なんとかやればできると考えて努力すれば、往々にして案外とできるものではないかと思う。・・・少々のことでできないと考えることは、むしろ人間のすぐれた可能性を押しつぶしてしまうことにもなるのではなかろうか。」(「決断の経営」p.123)

 松下幸之助は、このように否定的な方向での一般化を排除するだけでなく、さらに一歩進んで、特に困難な状況において、“心の持ち方”“物の見方”を前向きに切り換えて、可能性に挑戦していく“たくましさ”という意味の“積極性”を求めた。曰く、「困難な時にこそ、みずから夢を開拓する、国家の運命を開拓するというふうに結びつけゆくところに人間のたくましさというものがあると思います。」(「わが経営を語る」p.45)


 このようなうまく行かないときに、否定的な方向での一般化を排除することや可能性に目を向けて挑戦していく“たくましさ”というものは、経営という局面だけでなく、人生においても妥当するものと言えよう。

Copyright © 2020 Yuki Miyazaki All rights reserved.

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。昨年100周年を迎えた

      現パナソニック株式会社の創業者である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸

      問題への応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。最新の記事は       「成功者の条件~自分の潜在能力を最大限に発揮するために~⑭」です。

0回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now