• 宮崎 勇気

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第④

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第④

 第二の例は、『ことごとく生成発展と考えること』(“生成発展の原理”)である。

 松下幸之助は、スタッフとともに過去の歴史を研究した成果を踏まえて、この宇宙や自然、人間社会には、“生成発展の原理”という自然の理法が働いているとの結論に到達した。曰く、「この大自然、大宇宙は無限の過去から無限の未来にわたって絶えざる生成発展を続けているのであり、その中にあって、人間社会、人間の共同生活も物心両面にわたって限りなく発展していくものだと思うのである。」(「実践経営哲学」pp.15-16)このような生成発展の理法が宇宙や自然、人間社会の中に働いており、その中で私たちは生き、また、事業経営を行っているのだということを基礎において、“人生の生き方”や“事業経営の考え方”を定めるという。この点、松下幸之助は次の様に述べている。「すべての事業を“生成発展”という心の窓を通してながめ、かつ、考えることは、私の人生観の中軸であり、我が社経営の根本理念の一つである。」(社史資料巻頭言より)

 そうすると、物の見方がどのように変わるのか?

 例えば、困難や障害に直面したときには、私たちは、それらが大きければ大きいほど、将来の目標達成は不確実なものと感じられて、目標を達成できるかどうかについて“不安”や“疑い”を持つようになる。その結果、目標の達成に向けた努力に専念することができず、それと無関係なことに意識を取られたり、行動してしまう。あるいは、何事も悲観的否定的な物の見方をする習慣のある人は、それらの困難や障害をやはり悲観的否定的に捉えて、目標の達成はもはや実現不可能だと思い込んでしまう。その結果、意気消沈して、当初の志や目標達成への意欲を失い、それ故困難や障害を克服する意欲も失い、知恵も出ないということになる。

 しかし、松下幸之助の言う「社会は限りなく生成発展していくものだ」という「生成発展の原理」のフレームワーク(“心の窓”)からそれらの困難や障害を見ると、将来の“発展”というものが既に確固として存在しているから、それに向かう途上である今現在において、発生しているそれらの困難や障害というものは、「将来の発展に向かうプロセスの一部」にすぎない、あるいは将来の発展のための課題や解決のヒントを与えてくれる「発展への転機」であると、前向きかつ積極的に捉えることができるのである。

 そして、実際にも、自分の意識が“将来の生成発展”を軸としてそれにつながる面にフォーカスされることによって、将来の発展につながる情報がいわば地引網のように集まってくる(“焦点化効果”)ため、今の困難や障害を“発展への転機”として活かしていくためのヒントや情報がそこで初めて見えてくるのである。

 さらに、それ以外の情報、特にマイナス面の情報が認識から“削除”されて認識されなくなるため、意気消沈したり、志を失ったりすることも無くなる。“将来の発展”つまり“目標の実現”に確信を持てるため、“疑い”や“不安”“恐怖”の入り込む余地がないのである。

 松下幸之助の次の言葉は、この考え方の実践的な効果を良く表している。松下幸之助は言う。「何が起こっても、生成発展の一こまやと思うたら、恐れるものはありませんわ。

 松下幸之助は、このような“生成発展”という“心の窓”を通してながめ、かつ、考えることを“人生観の中軸”として文字通り生涯貫いたのである。

 第三の例は、“より明るい物の見方を選ぶこと”である。

 “物の見方”には、“明るい物の見方”と“暗い物の見方”とがあるが、松下幸之助は、“暗い物の見方”を採ったときにそれから生ずる悲惨な結果を拒絶し、“より明るい物の見方を選ぶ”ことを自ら決意した。“暗い物の見方”をする人には、世の中が悉く真っ暗に見え、明るい面など全く見えず、意気消沈して、絶望へと向かうのみである。しかし、世の中のあらゆる現象には、“陰”と“陽”とがあるように、物事には必ずマイナス面もあれば、プラス面もあるのであり、すべてがマイナスということはない。要は、その人がプラス面とマイナス面のいずれに焦点を当てるかの問題なのである。しかも、いずれに焦点を当てるかは、その人自身が選ぶことができるのである。

 松下幸之助は言う。「物事には様々な見方があり、一見マイナスに見えることにも、それなりのプラスがあるというのが、世の中の常である。そうであるなら、同じ物を見、同じ事態に直面してもより心豊かになれる見方を選んでいくというのがより豊かな人生に通ずる道ではないでしょうか。」「忙しさや慌しさにとらわれず、一息入れて、様々な見方をし、より明るい物の見方を選んでいきたいものだと思うのです。」(「人生談義」より)

Copyright © 2020 Yuki Miyazaki All rights reserved.

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。昨年100周年を迎えた現パ       ナソニック株式会社の創業者である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題へ       の応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。最新の記事は、       「成功者の条件~自分の潜在能力を最大限に発揮するために~⑬」です。

14回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now