• 宮崎 勇気

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 25

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 25

 上に述べたことは、“私心へのとらわれ”による視野狭窄の状態から、“素直な心”を介して、心を開放し、水平(ヨコ)方向に視野を広げて、より役に立つ“心の持ち方(信念)”を見出し、選択して行く、従来の役に立たない、むしろ有害な“心の持ち方(信念)”を消去し、入れ替えて行くという、いわば“ヨコ方向の心の柔軟性”を活用することであった。

 次に述べたいことは、松下幸之助は“心の中の信念の持つ力”に着目し、それを最大限に活用したということである。それは、“人の思い”や“願望”をタテ方向に深化(信念化)させることによる“願望実現に向けた心の方向付け(プログラム化)の力”についてである。

 松下幸之助は、ある時“成功の秘訣”を問われて、『強く願うこと』だと答えたことがある。『強く願う』とはどういうことであろうか?

 松下幸之助は、『願いを叶える人』『そうでない人』の違いはどこからくるのかと問いかける。「およそ何か事を成すに当たっては、まず何よりもその実現を願うこと、“こうしたい”“ああしたい”という願いを持つことが、その出発点ではないでしょうか。~私たちは、お互い様々な願いを持っています。~ところが、現実には、一方にその願いの通り事毎に成功を収め、隆々たる発展を実現していく人もあれば、他方で、こと志に反して失敗、倒産の苦境に陥る人も少なくありません。こうした違いは、一体どこから生じてくるのでしょうか。」

 そして、その違いは、“願い方の深さ(タテ方向)”の違いにあるのだと言う。「その一つの大きな違いは、事の実現を願うという出発点の内にあるように思われます誰もが同じように成功を願っているけれども、果たしてその願いが日々の行動を変えるほどに強いものであるかどうか、また、その強い願いを常に四六時中持ち続けているかどうかそこに結果に大きな差が生じる一つの要因があるのではないでしょうか。~それらの願いが、本当に自分の心の底からの強い願い、決意にまで高まっているでしょうか日々の忙しさに追われて、単なる一応の願いにとどまっているといったことではないでしょうか。

 つまり、何かに成功するには、目標とすることが“強固な信念”となるまで“強く願う”ことだと言うのである。その願いが、『本当に自分の心の底からの強い願い、決意』にまで高まれば、つまり“強固な信念”として心の中に確立されれば、その“信念”が『日々の行動を変える』のだと言う。それはどういうことか?

 この点、「七つの習慣」を著したスティーブン・R・コヴィー氏は「人間は信念に従って、考え、行動するようになっている」と述べている。また、脳機能学者の苫米地英人博士は、次のように説明する。「人間の無意識は、過去に認識し、蓄積された記憶によって作られ、脳の中にその人にとっての“真実”として記憶しているもの(“信念”)に従って、自動的にその信念が現実化するような判断を下して行動しようとする。それは例えば「それは信じるに値するものだ」「私とはこういう人間だ」(=自己イメージ)という信念である。無意識は最も楽で自然な行動、即ち、自分の信念に従った行動を取るように働く。」

Copyright © 2020 Yuki Miyazaki All rights reserved.

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。昨年100周年を迎えた現       パナソニック株式会社の創業者である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題       への応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。最新の記事は、       「松下幸之助、パナソニックの惨状に津賀一宏社長を叱る!⑭」です。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 38

「皆さんが、こういうことをやりたいという思いやな、その思いは九八パーセント成就する。しかし、思わないことは成就しない。それは無理や。思ったことでもなかなかできないことが多いんやから。けれども、必ずこれはやってみせる、やれるにちがいないという信念があったら、ほとんどかなうということ

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 37

 “悪い心の持ち方”の最も重要な例として、松下幸之助が繰り返し強調したのは、“私心へのとらわれ”、即ち『自分の利害や感情などの私心にとらわれた自己中心的な考え方』であった。この“私心へのとらわれ”こそが、自らの会社を倒産させた多くの経営者に見られた共通の特徴なのであった。

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 36

8.まとめ-人生も仕事もすべては“心の持ち方”次第 36 第三に『相手に寄り添い共感する』ということである。まず『他人との比較』を止めることを村松氏は奨める。『他人との比較』、つまり他人を意識することは、自分を認めてほしいという気持ち(認定欲)の表れであり、自分が本当に望むべき自分発振を著しく妨害し、分散させてしまうからだという。それは、他人との競争という低い周波数帯に入ってしまい、前向きなフォト

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now