• 宮崎 勇気

(2)一商人なり③“感謝の心”“謙虚な気持ち”を忘れない③


(2)一商人なりとの観念を忘れず

  ③“感謝の心”“謙虚な気持ち”を忘れない ③

 また、中国の老子の言葉に「足るを知る者は、常に満ち足りている」というものがある。「足るを知る」とは、自分自身の“心の持ち方”を変えて、自分の意識をフォーカスする先、つまり“焦点”を、“自分にないもの”から“自分が今既に持っているもの”に移すことによって、“自分にないもの”を認識から“削除”して、持たないことへの不満が生じる原因を除去する一方、“自分が今既に持っているもの”に焦点を当てることで、それらの価値を正しく評価・解釈し直すことで、“自分は既に十分に持っている”という満ち足りた状態に到達することであると考える。自分の状況は何も変わらない。“自分にないもの”も“自分が今既に持っているもの”も同じである。自分の内部の“心の持ち方”を変えるだけである。

 つまり、心の“軸”を“自分にないもの”から“自分が今既に持っているもの”へ転換し、“自分が今既に持っているもの”という新たな“軸”を中心に意識をフォーカスし、“削除”“歪曲”“一般化”という人間の認知のメカニズムを利用して、何に焦点を当てるか、どのように評価・解釈するかを変えてしまうことができるのである。“私心”にとらわれて、“自分の利害や欲望”を中心においているときには、“自分にないもの”にばかり意識が行っていたため、その反面として“削除”され、“盲点”となって気づかなかった“自分が今既に持っているもの”をきちんと視野(認識内)に戻して、それらの“自分にとっての価値”を再評価するということだ。

 そのようにして、“自分が今既に持っているもの”に意識をフォーカスし、それらを正しく再評価して「自分は既に満たされている」と気付く、「足るを知る」能力を身につけることができれば、満足できるレベルが下がり、それ以上は、常に“喜び”となり、“感謝の気持ち”が自然と湧いてくるようになる。

 このように考えると、“感謝する”ということは、普段は当たり前のように感じているか、あるいは、認識すらされていない(“削除”)、“既に自分に与えられている様々な恩恵”に気づく能力であるとも言える。

 そして、この“感謝する力”は、“心の持ち方”を変え、自分の意識のフォーカスする先を変えるとともに、それを“鍛える”ことによって、さらに磨かれる。それにより、より広範に、また、より繊細に感謝することができるようになるのだ。

 松下幸之助が感謝する対象は、“お客様”はもちろん、自分の置かれた立場や他人からの恩恵、さらには自然や宇宙の恵みへと広がっていく。私たちも、その感謝する力を鍛えていくことによって、感度が高まって行き、感謝の対象は広がっていき、それまでは気づかなかった些細なことにも気づき、感謝することができるようになって行く。そして最終的には、いわば、通常私たちが当たり前のことのように感じていること(例えば、自分が生かされていること)にすら感謝することができるようになるのだ。

 また、“感謝すること”は、“喜び”を生む。“感謝力”がついてくれば、それだけ多くの「喜びを知る」ことができる、即ち、“自分にとって嬉しいこと”により多く気がつくようになる。それ故、そのような人は、“非常にしあわせな人”であり、「感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく。」と松下幸之助は言うのだ。

 また、こうして“感謝する力”が鍛えられると、さらに立場を変えて、“お客様の立場”に立って考える能力、つまり、“どうすれば人々の役に立てるか”、“どうすればお客様に心から喜んでいただ

 即ち「感謝の心を忘れない」という第三の意味を実践することによって、第二の意味「相手の立場に立って考える」ことがより深く、繊細に実践できるようになるわけである。

Copyright © 2017 Yuki Miyazaki All rights reserved.

(お知らせ)関連の下記ブログも併せてご覧いただければ幸いです。

     “松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題への応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。     http://ameblo.jp/minamoto305yori-konosuke/

#お客様大事の心に徹するの意義 #一商人なりとの観念を忘れず

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now