21世紀に蘇る松下幸之助の経営哲学-その真髄と実践方法-

 世の中に優れた経営者と言われる人は多くいますが、“経営の神様”と言われたのは、松下幸之助だけです。なぜでしょうか?まず単に素晴らしい業績を上げただけでなく、危機や困難に直面して、それを克服するとともにかえって大きく発展させたということが挙げられます。しかし、それだけではありません。事業活動の中で遭遇した様々な人々をその卓越した観察力で観察する中で、人間の“無限の可能性”と現実の姿としての“心の弱さ”という相矛盾する本質を発見し、“無限の可能性”を追求する一方、“心の弱さ”を克服し、さらには、“心の弱さ”さえをも活用しようとしました。これらの双方の本質を共に活かすための具体的な方法論として、“とらわれない素直な心”を基軸として最適な“心の持ち方”を選んで行くことで“自分の心を使いこなす”ということを見い出し、自ら実践するとともに、また、それを他人に応用して、従業員や協力会社の能力を最大限に引き出すことを極めたものが、松下幸之助の経営哲学の“核心”だと考えています。“企業の経営”の本質を“人間が相寄って人間のために行う活動”であると捉え、経営者が経営を行うに際して、上に述べたような“人間の本質”に立脚し、かつ、最大限にこれを活用して、人間という側面から経営そのものを最適化(Optimization)しようとし、それに成功したところに、松下幸之助が“経営の神様”と呼ばれる所以があると言えるのではないかと考えています。松下幸之助自身、このような経営の考え方は、「人間の本質が変わらない限り、国や地域を越えて通じる(普遍)ものであり、時を越えて不変である」と述べています。

 

 中央に落ちる水滴がやがて周囲に波となって広がってゆく上の動画のように、人もその心の持ち方一つで、人生も仕事も如何様にも変わるのだと。心の持ち方がその人の物の見方や考え方を生み、そして、行動を生み、結果を生む。私たちは、つい目に見える部分にばかり目が行きがちですが、本当に大事なものは“心の持ち方”なのだということを見出したのです。この点、松下幸之助は、「人生も仕事もすべては心の持ち方次第だ」と喝破し、次のように述べています。「人間の心の持ち方というものは、自由自在融通無碍なものである。こういう考え方に立つと、困難と思うことでも逆に喜ばしいことになってくる。人生においては、心の働きによってどのようにも考えられるものがある。」このような意味で、松下幸之助の経営哲学は、単に経営の側面に止まらない、いわば“人間学の集大成”とも言えるでしょう。

 

 本サイトでは、これまで必ずしも十分に解明されなかった松下幸之助の経営哲学の機能とメカニズムを現代の神経科学や脳科学、心理学、神経言語プログラミングなどの知見にもとづいて解明し、その全体像を明らかにして体系化したものです。これまで松下幸之助の経営哲学は知識として頭で理解することはできても、本当の意味で実践することは必ずしも容易ではありませんでした。しかし、本サイトが解明したその経営哲学を“血肉”となるほど自分自身の“信念”とすることができれば、その経営に、また、人生に自然と実践することができるようになるでしょう。そうすれば、結果は自ずと付いてくるでしょう。読者の皆様には、本サイトをお読みになって、松下幸之助の経営哲学の真髄をご理解いただきますとともに、その一部でも、経営において、また、仕事において、あるいは、人生において、実践され、その実際の効果を体験いただくことができましたならば、著者として、これ以上の幸いはございません。

 

<お知らせ>

今後、新しい記事は「内容目次」のページの内容に従い、原則として毎週金曜日正午に掲載する予定です。ご期待下さい。

また、「本ホームページ誕生の経緯や秘話、背景」「松下幸之助の経営哲学の現代の様々な問題への応用」について次の関連ブログに書いておりますので、お気軽にお読みいただければ幸いです。こちらをご覧ください。

 

                                                                                                                                        2016年5月1日 サイト所有者・著者 宮﨑 勇気

 

 

2018/09/28

松下幸之助は言います。“ものみな原因あり”「事業は、正しい考え方・やり方でやれば、必ず成功するようにできている」「事業というのは、失敗しないのが本当で、失敗するのは、何かが間違っているためだ。失敗するには その原因が必ずある。原因をつくらない限り、成功の一途をたどる。」「事にあたって、行き詰まるということはない。行き詰まるということは、行き詰まるようなものの考え方をしているからである。」「失敗の原因はわれにあり」「“失敗の原因はわれにあり”という考えに徹するならば、そうした(失敗の)原因を事前になくしていこうという配慮ができるようにもなる。」

2018/09/21

松下幸之助は言います。「それを、今を考えてから将来を考える。現在を考えてその延長線上に将来を考えるというようなことでは、あまりええ経営者とは言えんよ。」「成功の原因をつくる」「将来から現在を考える」

2018/09/14

松下幸之助は言います。「ものみな原因あり」「一定の成果をあげようと思えば、それに相応しい原因をつくらなければならない。」「経営を進めていくのに、経営者はいつも将来というものが頭の中にないといかんね。五年後にはどうなるか、あるいは十年後にはどうなるか~そして、その上でいまどうしたらいいのかを考える。」「将来から現在を考える。こういう発想が経営者としての発想というもんや。」「だから経営者は、常に将来を考えてそして現在をどうするか、いまどのような手を打つのか、そういうことを考えんといかんな。それがいかに困難であろうと、苦しくとも取り組むと。」

2018/09/07

松下幸之助は言います。「かつて成功した昔ながらのやり方を十年一日のごとく守っている」だけでは“経営のゆきづまり”に陥ることがあるから、「やり方に、今日の時代にそぐわないものがあれば、~次々に改めていかなくてはならない。」「経営というのは、大地自然の理にしたがい、世間大衆の声を聞き、社内の衆知を集めて、なすべきことを行っていけば、必ず成功するものである。」「経営というものは、正しい考え、正しいやり方をもってすれば必ず発展していくものと考えられる。それが原則なのである。」「行き詰るということは、行き詰るようなものの考え方をしているからである。」経営の失敗について、「うまくいかないのは、為すべきことを考えていないか、考えていても、やっていないからだ。」と断言する。「宇宙大自然に逆らわず、むしろ宇宙や大自然に溶け込んで、これと一体に成り切ってしまう。これが人間の本当の姿であり、その結果現れてくるものが、世の中でいう成功とか成就ということになるのではなかろうか。」

2018/08/31

松下幸之助は言います。「その、なすべきことをキチンとなしていれば、経営というものは必ずうまくいくものである。その意味では経営はきわめて簡単なのである。」「なすべきこと」とは「いい製品をつくって、それを適正な利益をとって販売し、集金を厳格にやる」ということ、特に「創意工夫を働かせて社会に役立つような良品を次々に開発する」こと。「素直な心構えで、社会の要望するものを常に敏感に謙虚に把握し、真に社会から要望されるものを実現するという態度で使命観に基づいて仕事を行えば、事業は必ず成功するのであります。」

2018/08/24

松下幸之助は言います。「雨が降ってきたら傘をさすというのは誰でもやっているきわめて当然なことである。もしも、雨が降ってきても傘をささなければ、ぬれてしまう。」「そのように当然なすべきことを当然にやっていくというのが私の経営についての行き方、考え方である。」「当然なすべきこと」とは「いい製品をつくって、それを適正な利益をとって販売し、集金を厳格にやる。」ことだと言う。原価割れで販売したり、代金の回収を怠るのは、「なすべきことをなしていない姿であり、それはすなわち、天地自然の理に反した姿である。」とし、「経営の失敗というのは、すべてそういうところから出ているといってもいいであろう。」と断言します。

2018/08/17

松下幸之助は言います。「これまでの知識や常識、成功した体験にとらわれていたのでは、新しい行き方は見出せない。とらわれを抜け出し白紙で考えよう。」「今まであるものを改良してやる、これも大事である。けれども、何もないところから発案する、これは無限大である。無限大に広がるんやから、できると思うんです。」「われわれを取り巻いている常識、知識というものは、想像以上に根強いものである。“ああ、それは今まで何度もやってみたんだが、それはダメなんだ。・・・”と決め込んでいるものが、・・・意外に多いと思うのである。われわれは、時には、そのような考えから解放され、純粋な疑問、純粋な考え、思いつき、というものを大切にすることが必要であろう。そして、それを育てていくことによって、全く新しいものを生み出すことができるのではないかと思う。 」

2018/08/10

パナソニックのヒット商品電動歯ブラシのポケットドルツの事例を以下に紹介する。ある女性社員の素朴な“なぜ”という問いが、それまでになかった全く新しいコンセプトの商品を生み出す“突破口”となったのである。

2018/08/03

松下幸之助は言います。「日に新たであるためには、いつも“なぜ”と問わなければならない。繁栄は、“なぜ”と問うところから生まれてくる。」「物事というものは、できることでも、それを「できない」と思っている限り、やはり実際にできないのではあるまいか。~少々のことでできないと考えることは、むしろ人間のすぐれた可能性を押しつぶしてしまうことにもなるのではなかろうか。」「われわれを取り巻いている常識、知識というものは、想像以上に根強いものである。“ああ、それは今まで何度もやってみたんだが、それはダメなんだ。~”と決め込んでいるものが、~意外に多いと思うのである。われわれは、時には、そのような考えから解放され、純粋な疑問、純粋な考え、思いつき、というものを大切にすることが必要であろう。そして、それを育てていくことによって、全く新しいものを生み出すことができるのではないかと思う。」「熱意のたぎっているところ、人は必ず新しい道をひらきます。常識では考えられないことまでやってのけるのですな。~新しいものを生み出すためには一度常識から自分を解放しなければならない。そのためには、熱意が強く要請されるのです。多くの知識を身につけた人ほどそれを超える強い熱意が必要だともいえますな。」

2018/07/27

松下幸之助は言います。「この社会は、あらゆる面で絶えず変化し、移り変わって行く。だから、その中で発展していくには、企業も社会の変化に適応し、むしろ一歩先んじていかなくてはならない。」「今までの考え通りで、今までのやり方通りで、それで事がすむならばよいけれど、天地は日に新たであり、人の営みもまた日に新たである。だからほんとうは、昨日の考えは、きょうは一新されていなければならないし、きょうのやり方は、明日にはもう一変していなければならない。刻々に新しい考えを生み出し、刻々に新しいやり方で事に処していく。それが自然の理法に則した生成発展の道というものであり、そこに人間としての真の歓喜というものがある。その歓喜が失われたとき、人の成長はとまり、社会の生成発展もとまる。・・・とまるということはジリジリと崩壊するということである。」

Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now