21世紀に蘇る松下幸之助の経営哲学-その真髄と実践方法-

 世の中に優れた経営者と言われる人は多くいますが、“経営の神様”と言われたのは、松下幸之助だけです。なぜでしょうか?まず単に素晴らしい業績を上げただけでなく、危機や困難に直面して、それを克服するとともにかえって大きく発展させたということが挙げられます。しかし、それだけではありません。事業活動の中で遭遇した様々な人々をその卓越した観察力で観察する中で、人間の“無限の可能性”と現実の姿としての“心の弱さ”という相矛盾する本質を発見し、“無限の可能性”を追求する一方、“心の弱さ”を克服し、さらには、“心の弱さ”さえをも活用しようとしました。これらの双方の本質を共に活かすための具体的な方法論として、“とらわれない素直な心”を基軸として最適な“心の持ち方”を選んで行くことで“自分の心を使いこなす”ということを見い出し、自ら実践するとともに、また、それを他人に応用して、従業員や協力会社の能力を最大限に引き出すことを極めたものが、松下幸之助の経営哲学の“核心”だと考えています。“企業の経営”の本質を“人間が相寄って人間のために行う活動”であると捉え、経営者が経営を行うに際して、上に述べたような“人間の本質”に立脚し、かつ、最大限にこれを活用して、人間という側面から経営そのものを最適化(Optimization)しようとし、それに成功したところに、松下幸之助が“経営の神様”と呼ばれる所以があると言えるのではないかと考えています。松下幸之助自身、このような経営の考え方は、「人間の本質が変わらない限り、国や地域を越えて通じる(普遍)ものであり、時を越えて不変である」と述べています。

 

 中央に落ちる水滴がやがて周囲に波となって広がってゆく上の動画のように、人もその心の持ち方一つで、人生も仕事も如何様にも変わるのだと。心の持ち方がその人の物の見方や考え方を生み、そして、行動を生み、結果を生む。私たちは、つい目に見える部分にばかり目が行きがちですが、本当に大事なものは“心の持ち方”なのだということを見出したのです。この点、松下幸之助は、「人生も仕事もすべては心の持ち方次第だ」と喝破し、次のように述べています。「人間の心の持ち方というものは、自由自在融通無碍なものである。こういう考え方に立つと、困難と思うことでも逆に喜ばしいことになってくる。人生においては、心の働きによってどのようにも考えられるものがある。」このような意味で、松下幸之助の経営哲学は、単に経営の側面に止まらない、いわば“人間学の集大成”とも言えるでしょう。

 

 本サイトでは、これまで必ずしも十分に解明されなかった松下幸之助の経営哲学の機能とメカニズムを現代の神経科学や脳科学、心理学、神経言語プログラミングなどの知見にもとづいて解明し、その全体像を明らかにして体系化したものです。これまで松下幸之助の経営哲学は知識として頭で理解することはできても、本当の意味で実践することは必ずしも容易ではありませんでした。しかし、本サイトが解明したその経営哲学を“血肉”となるほど自分自身の“信念”とすることができれば、その経営に、また、人生に自然と実践することができるようになるでしょう。そうすれば、結果は自ずと付いてくるでしょう。読者の皆様には、本サイトをお読みになって、松下幸之助の経営哲学の真髄をご理解いただきますとともに、その一部でも、経営において、また、仕事において、あるいは、人生において、実践され、その実際の効果を体験いただくことができましたならば、著者として、これ以上の幸いはございません。

 

<お知らせ>

今後、新しい記事は「内容目次」のページの内容に従い、原則として毎週金曜日正午に掲載する予定です。ご期待下さい。

また、「本ホームページ誕生の経緯や秘話、背景」「松下幸之助の経営哲学の現代の様々な問題への応用」について次の関連ブログに書いておりますので、お気軽にお読みいただければ幸いです。こちらをご覧ください。

 

                                                                                                                                        2016年5月1日 サイト所有者・著者 宮﨑 勇気

 

 

2018/01/12

松下幸之助が「経営のコツここなりと気付いた価値は百万両」と膝を叩いて社員たちに提案した“社員稼業”の考え方(自分の仕事を“一つの事業”と捉えて自分はその“経営者”だという意識で仕事を見直し、取り組むこと)を現代にどのように応用していくのか(社員に如何に“経営者の意識”を持たせるか)を真剣に考えなければならない。社員たちの“心の持ち方”にまで踏み込んで働きかけて行くことが経営者の“為すべきこと”であるということを経営者は改めて認識しなければならない。

2018/01/05

時代の転換期にある現代において、事業に成功している企業はどうしているか?まず先進国では、一応モノが行き渡り、むしろ溢れる中で、顧客のニーズは主観化し、多様化し、しかも変化していく。成功している企業は、このような環境の変化に適応して、工業化社会において成功した“規格大量生産型ビジネスモデル”への“とらわれ”から脱し、“顧客の立場”に立って、主観化し、多様化し、変化する顧客のニーズを素早く、かつ、敏感に感じ取って、それらを他社よりも早く実現して提供し続けている。

2017/12/29

実は、松下幸之助自身、“大企業”が必ずしもよいとは考えていなかった。むしろ、企業には、その事業に応じて“適正な規模”があると考えていた。そこで、会社の規模が大きくなり、“大企業”になっても、中小企業の良い所を如何にして残すかということをむしろ考えていたのである。

2017/12/22

松下幸之助が決して忘れてはならないと強調した「一商人なりとの観念」の第一の意味と第二の意味は、現代においても通用するものと考える。すなわち「人々の役に立つ」ために「為すべきこと」を「相手の立場に立って考える」ということを徹底して実践し、それを実現する一方、「収支を立てる」、つまり、現地の人々にとって不要な機能を外し、あるいは、サプライチェーン全体の中で徹底したコスト削減を行うなど知恵を出し工夫を凝らして、現地の人々の手の届く価格を実現し、かつ、自社の利益も確保できるようにするのである。

2017/12/15

新興国についても、これまでのような、先進国向けの製品の仕様を新興国向けに若干簡素化(スペックダウン)して価格を下げるという単純なアプローチでは、新興国の人々のニーズも心もつかめない。また、“自社中心的な発想”から“自社の既存の製品や技術”をどううまく使うか、そして、どのように新興国で売り込んで行くかという発想から出発し、それらに囚われていては、視野が狭くなって、新興国の人々が何を求めているのかということが“削除”され、あるいは、「自分たちのこの技術、この製品が求められているに違いない」などと自分たちの都合のいいように歪めて解釈し、勝手に決めつけてしまう恐れがある。

2017/12/08

松下幸之助は言います。「ものを使う以上の喜びが湧くというような導きをするということになると、この喜びというのが、莫大な価値があると思う。単に物を売って料金をもらうのが、商売だというのでは、金だけ得た喜びというものは、誠に貧弱なもんだと思うんです。利益以外の喜びというもの、人間としての喜びを味わおうと。莫大な価値を与えずして人を導くということはできないと私は思うんです。」

2017/12/01

松下幸之助は言います。「ところで君、この製品を使うとお客さんは喜ぶんか?」「商売とは、感動を与えることやな。喜びを与えることやな。与えずして何かを得ることはね、それは負債になることや。だから、いつも債権者にならんといかん。つまり品物を売って、便利で具合いい、と喜んでもらうことを先に考えんといかん、感動とか喜びを、絶えず先に与えるという商売でないといかんわね。」

2017/11/24

松下幸之助は言います。「ものみな原因あり」「一定の成果をあげようと思えば、それに相応しい原因をつくらなければならない。」「世の中の人々が企業に対して抱く様々な要望に応じ、生活の向上に貢献することによって、企業は見返りとして利益を得ることもできるし、発展もできる。だから、大切なのは、まずお客様に喜んでいただくことで、利益だけを追い求めても、決してうまくいくものではない。」「あれ(筆者注:金)は、自然に儲かるのです。~なぜ自然に儲かるのかというと、私は一生懸命仕事に取り組んでいます。~ものをつくるときでも、これでいくら儲かるといってつくるよりも、これをつくったらみなが喜ぶだろうなあと、こういうことをまず考えているのです。婦人が第一喜ぶだろうなあと考えるわけです。」

2017/11/17

松下幸之助は言います。「金というものは儲けようと思って儲かるものではないのです。」「“商いの原点”はどうすれば、売れるか儲かるかではなく、どうすれば、人々に心から喜んでもらえるかである。」

2017/11/10

松下幸之助は言います。「相手の立場に立って考える」「お客様の心が読める」「自分の店が“どれほど喜ばれ感謝されているか”をお客様の視点から絶えず反省・検討し、改善していくことが大切だ。」「そうすることによって、足りないところがわかり、尽きざる創意工夫も生まれてくる。“自分の店の存在意義”というものについての確信が生まれ、商売にも自ずと力強いものが湧き出てくる。」

Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now