RSS Feed

松下幸之助の経営哲学-その真髄の理解と実践のために-

世の中に優れた経営者と言われる人は多くいますが、”経営の神様”と言われたのは、松下幸之助だけです。なぜでしょうか?それは、卓越した観察力で様々な人々を観察する中で、人間の”無限の可能性”と現実の姿としての”心の弱さ”という相矛盾する本質を発見し、そして、それらの双方の本質を共に活かそうとして、”自分の心を使いこなす”こと、また、それを応用して他人を使うことを極めたからだと言えるのではないでしょうか。つまり、松下幸之助の経営哲学は、”人間学の集大成”とも言えるものです。

本サイトでは、これまで必ずしも十分に解明されなかった松下幸之助の経営哲学の機能とメカニズムを現代の神経科学や脳科学、心理学、神経言語プログラミングなどの知見にもとづいて解明し、その全体像を明らかにして体系化したものです。これまで松下幸之助の経営哲学は知識として頭で理解することはできても、本当の意味で実践することは必ずしも容易ではありませんでした。しかし、本サイトが解明したその経営哲学を”血肉”となるほど自分自身の”信念”とすることができれば、その経営に、また、人生に自然と実践することができるようになるでしょう。そうすれば、結果は自ずとついてくるものだと言えましょう。                                    

 

                           2016年5月1日 著者 宮﨑 勇気                 

4.5)“日に新た”⑩(5)“日に新た”の実践的機能 “魔法のメガネ”②

July 6, 2018

4.自然の理法に従う 5)“日に新た”⑩

(5)“日に新た”の実践的機能 “魔法のメガネ” ②

 

 さらに、“素直な心”になることで、心が解き放たれ、視野が拡がって、それまでの“私心”への“とらわれ”によって固定されていた“自己中心的な”“心の持ち方”以外の“心の持ち方”が他の選びうる選択肢として認識することができるようになり、それらの選択肢の中から、そのときの状況に最も役立つ“心の持ち方”を自ら“選んで行く”ことのできる“融通無碍”の中立的な位置に立つことができるようになる。その上で、実際に“自分の心を使いこなす”ことによって、自由自在にその状況の下において最も適切な“心の持ち方”を選び、それを“強固な信念”とすることによって、その“心の持ち方”に沿った考えと行動が自然と生み出されてくるようになるのである。

 

 そのような事業の経営において適切な“心の持ち方”の集大成こそ、松下幸之助の経営哲学を構成する諸概念であった。この点、松下幸之助は、“素直な心”という“心の持ち方”がもたらす効用として、次のように述べている。曰く、「“素直な心” が働いたならば、現状にとらわれることなく、日に新たなものを生み出していくことができるようになる。」

 

 また、その時々の目指す目標に相応しい“心の持ち方”を“選ぶ”べきであるとして、次の様に述べている。「人間の心の持ち方というものは、自由自在融通無碍なものである。こういう考え方に立つと、困難と思うことでも逆に喜ばしいことになってくる。人生においては、心の働きによって、どのようにも考えられるものがある。それ故我々は、物の見方、考え方を成長させなければならない。」「人間が自らの願いを実現するためには、それを実現するに相応しいものの考え方や心の持ち方、態度や行動を現していくことが肝要である。」

 

 “とらわれない素直な心”を起点として、松下幸之助が提唱する“生成発展の原理”を踏まえ、“日に新た”“失敗の原因はわれにあり”という一連の思考のフレームワークに沿って考えることによって、「正しい考え方」に導かれ、“日に新た”を実践することができるようになるのである。具体的には、次のような思考プロセスとなる。

 

 “生成発展の原理”から将来の“社会の発展”を確信し、「経営は、正しい考え方、正しいやり方でやれば、成功するようにできている」との信念を持つことによって、“社会の発展”に向けた“高い志”を維持することができる。松下幸之助は言う。「困難に直面しても、志を失ってはならない。今日困難だと思っていることでも、明日になればその道を発見するということもある。~これは、人類の限りない発展の過程の一コマであるとも考えられる。」そして、成功するのが当然と考えるので、「事にあたって、行き詰まるということはない。行き詰まるということは、行き詰まるようなものの考え方をしているからである。」となって、“失敗の原因はわれにあり”との考えに達する。そこで、目の前の行き詰った状況の“失敗の原因”を環境や他人など外に探すのではなく、自分自身の内にあるはずの失敗の原因を探して行くと、自らの“心の持ち方”“考え方”“やり方”の中にその失敗の根本原因を見出すことができるのである。そうすれば、そこに手を打って“自らが変わる”ことによって、環境の変化に適応して行くことができるようになる。

 

 このように“日に新た”を中心とする思考プロセスを辿ることによって、先に述べた“日に新た”の実践を妨げる障害を乗り越えることを可能とすることが、“日に新た”の実践的機能であると言えよう。

Copyright © 2018 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

(お知らせ)関連の下記ブログも併せてご覧いただければ幸いです。

      今年100周年を迎える現パナソニック株式会社の創業者である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題へ

      の応用として、最近の話題等をテーマにしたブログです。最新の記事は、「憎まれっ子世に憚る④」です。

 

 

 

 

Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now