RSS Feed

松下幸之助の経営哲学-その真髄の理解と実践のために-

世の中に優れた経営者と言われる人は多くいますが、”経営の神様”と言われたのは、松下幸之助だけです。なぜでしょうか?それは、卓越した観察力で様々な人々を観察する中で、人間の”無限の可能性”と現実の姿としての”心の弱さ”という相矛盾する本質を発見し、そして、それらの双方の本質を共に活かそうとして、”自分の心を使いこなす”こと、また、それを応用して他人を使うことを極めたからだと言えるのではないでしょうか。つまり、松下幸之助の経営哲学は、”人間学の集大成”とも言えるものです。

本サイトでは、これまで必ずしも十分に解明されなかった松下幸之助の経営哲学の機能とメカニズムを現代の神経科学や脳科学、心理学、神経言語プログラミングなどの知見にもとづいて解明し、その全体像を明らかにして体系化したものです。これまで松下幸之助の経営哲学は知識として頭で理解することはできても、本当の意味で実践することは必ずしも容易ではありませんでした。しかし、本サイトが解明したその経営哲学を”血肉”となるほど自分自身の”信念”とすることができれば、その経営に、また、人生に自然と実践することができるようになるでしょう。そうすれば、結果は自ずとついてくるものだと言えましょう。                                    

 

                           2016年5月1日 著者 宮﨑 勇気                 

松下幸之助の“選んだ”物の考え方(6)失敗の原因はわれにあり②

February 3, 2017

3.人間大事の経営 

 

3)松下幸之助の“選んだ”物の見方考え方

 

(6)失敗の原因はわれにあり ②

 

 では、なぜ「失敗の原因はわれにあり」と言えるのであろうか。

 

 松下幸之助は、宇宙や自然、社会は限りなく生成発展していくものだという“生成発展の原理”を前提として、「経営というものは、正しい考え、正しいやり方をもってすれば必ず発展していくものと考えられる。それが原則なのである。」と言い切る。(「実践経営哲学」p.54)そして、「事業というのは失敗しないのが本当で、失敗するのは何かが間違っているためだ。失敗するにはその原因が必ずある。原因をつくらない限り、成功の一途をたどる。」(昭和38年長野県経営者協会にて)

 

 「ものみな原因あり」と考えれば、事業に失敗したという“事実”がある以上、そこには必ず“原因”がある。しかもその原因は、上述のフレームワークからすれば、外にあるのではなく、悉く“自分”の中にある、つまり、“自分の誤った考え方”か“間違ったやり方”以外にはないこととなる。このようにして「失敗の原因はわれにあり」という結論に論理的に導かれるのである。

 

 ここでの問題は、うまく行かないときに、その原因を環境や他人という外に求めるか、自らの考え方ややり方という内に求めるかという問題である。そして、ここでも、人間はそれらの二つの道のいずれかを選ぶことができるのだ。つまり、「心の持ち方次第」なのである。

 

 私たちは、往々にして自分を守ろうとして前者の考えを採りがちである。「人間というものは、まことに勝手なもので、自分で自分をよほど注意していないと、とかく責任を他に転嫁して、安易な納得におちいりがちとなる。」(「続・道をひらく」p.251)このような場合には、そのもう一つの道があることに気づかないし、気づいてもその道を選ぶことは、“自分の弱さ”を直視し、しかも自分を変えて行かなければならず、それは必ずしも容易ではない。そこで、自分の弱さを覆い隠し、見ないで済むようにするために、例えば「不況だから利益があがらなくても仕方がない」という見方に逃げ込むことになる。

 

 しかし、松下幸之助は、このような見方を排する。曰く、「業績の良否の原因を、不況という外に求めるか、みずからの経営のやり方という内に求めるかである。経営のやり方というものは、いわば無限にある。そのやり方に当を得れば必ず成功する。だから、不景気であろうと何であろうと、必ず道はあるという考えに立って、それを求めていけば、やはりそれなりの成果はあがるものである。」(「実践経営哲学」pp.57-58)

 

 そこで、松下幸之助は、上述の“生成発展の原理”を踏まえて、「主体的に生きる」ことを選択し、「必ず成功すると考える」ことから論理的に導かれる「失敗の原因はわれにあり」という一連のフレームワークを提示することによって、俯きがちな目を前へ向け、また、うまくいかない原因を外に求めがちなところを自分の内側に向けさせる。その結果、意識の“焦点”が、それまでの“環境や他人など自分以外の外側にあるもの”から“自分自身”の内側に移行し、自分についてのネガティブな情報が地引網のように集まってくる。(“焦点化効果”)私たちは、自分の弱点など見たくないものである。それまで自分を守ろうとして“削除”され“盲点”となって見えなかった“自分自身の中にあった失敗の原因”にそこで初めて気がつくのである。

 

 具体的には、例えば、目の前の失敗という事実を眺め、“自分の中にある失敗の原因は何か?”ということを日々の“自己反省”を通して自問自答していく、あるいは、“自己観照”により自分自身を客観的に観察し、気づいて行く。あの時あのような状況で自分の採った行動はどうだったのか、様々なことが初めて見えてきて、自分の中の失敗の根本原因である自らの考え方に気づく。そして、その考え方を変えることによってその根本原因に手を打つことができるのだ。

 

 こうして“自分の弱さ”とも言える失敗の原因を自分の中に見出し、そこから逃げずに手を打つことで“自分の弱さに打ち克つ”ことができれば、次に同じ状況に直面した場合には、成功につながり、文字通り「失敗は成功の母」ということとなる。また、失敗から学び、自分の弱さに手を打って、自分を変えることにより、自身も成長することができる。この点にこそ、この考え方の実践的な意義があるのである。

 

 このように「失敗の原因はわれにあり」との考え方も、松下幸之助の提唱する“人間の弱さに打ち克つ”方法の一つであり、また、翻って考えれば、その弱さ自体を次の成功と自身の成長に活かす方法であると言えよう。松下幸之助は、「失敗の原因はわれにあり」という考え方を“強固な信念”として確立することにより、外に原因を求めがちな人間の意識を内に向けさせるフレームワークとして機能するということを明確に意識していた。

 

 曰く、「原因は自分が招いたことである、という思いに徹してこそ、失敗の経験も生かされるのではないだろうか。」(「松下幸之助一日一話」p.188)「思いに徹してこそ」という言葉にそれが表れている。この“失敗の原因はわれにあり”という考え方は、松下幸之助の経営哲学の中でも、最も重要な核となる考え方の一つである。この点、松下電工株式会社の丹羽正治名誉会長は、次のように述べている。「・・・おやじ(筆者注:松下幸之助のこと)の「うまくいくときは運がよかったと思い、うまくいかなかった時は自分が悪かったと思うということを六十年間一貫してぼくはやってきたな。」と言われたそのことばが、私には松下電器発展の基本原理を含んでいると感じられました。」

Copyright © 2017 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

 

Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now