RSS Feed

松下幸之助の経営哲学-その真髄の理解と実践のために-

世の中に優れた経営者と言われる人は多くいますが、”経営の神様”と言われたのは、松下幸之助だけです。なぜでしょうか?それは、卓越した観察力で様々な人々を観察する中で、人間の”無限の可能性”と現実の姿としての”心の弱さ”という相矛盾する本質を発見し、そして、それらの双方の本質を共に活かそうとして、”自分の心を使いこなす”こと、また、それを応用して他人を使うことを極めたからだと言えるのではないでしょうか。つまり、松下幸之助の経営哲学は、”人間学の集大成”とも言えるものです。

本サイトでは、これまで必ずしも十分に解明されなかった松下幸之助の経営哲学の機能とメカニズムを現代の神経科学や脳科学、心理学、神経言語プログラミングなどの知見にもとづいて解明し、その全体像を明らかにして体系化したものです。これまで松下幸之助の経営哲学は知識として頭で理解することはできても、本当の意味で実践することは必ずしも容易ではありませんでした。しかし、本サイトが解明したその経営哲学を”血肉”となるほど自分自身の”信念”とすることができれば、その経営に、また、人生に自然と実践することができるようになるでしょう。そうすれば、結果は自ずとついてくるものだと言えましょう。                                    

 

                           2016年5月1日 著者 宮﨑 勇気                 

5.1)事業の目的・会社の存在意義 ①

October 5, 2018

5.社会とともにある経営 

 

1)事業の目的・会社の存在意義:“事業を通じて社会に貢献する”(「綱領」)①

 

 「綱領」は、“事業の目的”または“企業の存在意義”として「産業人たるの本分に徹し、社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与せんことを期す」と定める。「事業によって社会の発展の原動力となる」あるいは「事業を通じて社会の発展に貢献する」ということである。これは、「あらゆる経営活動の目標として会社の進路を決定するもの」「会社の一切の行為を支配する考え方」とされている。つまり、それは、単なる“建前”や外向けのポーズではなく、実際に日々の経営活動や事業活動において、経営層だけでなく社員を含めたあらゆるレベルにおいて、判断の拠り所として最も重要なものとして使われるものだということである。

 

 この「綱領」の意味として、社員読本I「経営基本方針」の中に次のような説明がある。「素直な心構えで社会の要望するものを常に敏感に謙虚に把握し、真に社会から要望されるものを実現するという態度で使命観に基づいて仕事を行えば、事業は必ず成功するのであります。」そして、これが、“社会との無形の契約”に基づく“産業人の義務”であるとする。これが「産業人たるの本分に徹し」の意義だということになる。

 

 さらに、「真に社会から要望されるものを実現する」ことのより具体的な意義として、「創意工夫を働かせて社会に役立つような良品を次々に開発すること、あらゆる面に徹底的な合理化を図り、適正な価格にしていること、そして、常に過不足のない十分な物資の供給をしていること」を挙げている。

 

 また、次のようにも述べている。「およそ商売というものの正しい姿は、社会の求める道をひたすら考え、人々の身になってその要望を満たすところにあります。」「(松下電器はどこまで伸びていくか)は、私や会社が決定すべきことではなく、社会に決めていただくことだと思います。われわれは、ただ社会の要望に従って誠実に仕事をしていけばよいのです。社会が松下電器を必要としなくなれば、会社は消えるでしょう。だから、われわれが、社会の必要とする仕事を社会の要望に忠実に従って進めていけば、会社は必ず伸びて行くものです。」(「わが経営を語る」p.186)

 

 上の言葉から、ここで語られていることが、単なる“抽象論”でも“建前”でもないこと、むしろ、真剣にかつ誠意を以てその実現を目指すべきこと、そして、それが必ず結果として会社の成長につながることとなることを示している。すなわち、論理的かつ実践的な帰結として、“商売のあるべき姿”“商売の本質”を語っているのだ。即ち、事業や経営の成果は、最終的には、社会、具体的にはそれを構成する人々が決めることとなる。つまり、企業が生み出す製品やサービスを人々に買ってもらえるかどうかで決まる。自分勝手な思い込みでは、事業はうまく行かない。最終的な判断を下す社会の人々の意向(現実のものだけでなく、潜在的なものを含めて)を真摯に汲み取って製品化/サービス化し続けて行くということが、結局は、最も近道で合理的なアプローチなのである。

 

 この点、松下幸之助は、「発展と衰退にある真理」として、次のように述べている。「我々の活動は社会に関連して初めて有意義となる。社会から離れては存在する価値がない。企業は、社会とともにあるかぎり永遠に発展するし、そうでなくなったらやがて衰退する。これが真理である。それは企業の大小には関係ない。」(1983年2月1日松下政経塾塾報より)

 

 事業の目指すべき方向として、「社会とともにあること」という“商売の王道”を明確に示すところに「綱領」の第一の意義がある。

Copyright © 2018 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

(お知らせ)関連のブログも併せてご覧いただければ幸いです。今年100周年を迎える現パナソニック株式会社の創
      業者である“松下幸之助の経営哲学”の現代の諸問題への応用として最近の話題等をテーマにしたブログで
      す。

      最新の記事は、「私たちは“仮想現実の世界”に生きている!3)戦争プロパガンダ②」です。


 

Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now