RSS Feed

松下幸之助の経営哲学-その真髄の理解と実践のために-

世の中に優れた経営者と言われる人は多くいますが、”経営の神様”と言われたのは、松下幸之助だけです。なぜでしょうか?それは、卓越した観察力で様々な人々を観察する中で、人間の”無限の可能性”と現実の姿としての”心の弱さ”という相矛盾する本質を発見し、そして、それらの双方の本質を共に活かそうとして、”自分の心を使いこなす”こと、また、それを応用して他人を使うことを極めたからだと言えるのではないでしょうか。つまり、松下幸之助の経営哲学は、”人間学の集大成”とも言えるものです。

本サイトでは、これまで必ずしも十分に解明されなかった松下幸之助の経営哲学の機能とメカニズムを現代の神経科学や脳科学、心理学、神経言語プログラミングなどの知見にもとづいて解明し、その全体像を明らかにして体系化したものです。これまで松下幸之助の経営哲学は知識として頭で理解することはできても、本当の意味で実践することは必ずしも容易ではありませんでした。しかし、本サイトが解明したその経営哲学を”血肉”となるほど自分自身の”信念”とすることができれば、その経営に、また、人生に自然と実践することができるようになるでしょう。そうすれば、結果は自ずとついてくるものだと言えましょう。                                    

 

                           2016年5月1日 著者 宮﨑 勇気                 

(2)とらわれない素直な心 ④

July 16, 2016

3.人間大事の経営

 

2)人間の本質を活かす-「すべては心の持ち方次第」「自分の心を使いこなす」

 

(2)とらわれない素直な心④

 

 それでは、そのような“素直な心”というものを果たして私たち人間は持つことができるのであろうか?

 

 この点、松下幸之助は、この「素直な心」というものは、「人間が本来持っている“本然の心”であり、それが人間としての本来の姿、あり方である」という。元々持っていたものであれば、もう一度持つことができてしかるべきである。ところが、それがなかなか表面に出てきて働かないのは、「生まれたばかりの赤ちゃんは、素直な心以外何もない」が、「その素直な心が、成長の過程で知識や自分の立場なり利益を守るという知恵に覆われて、隠れがちになり、また、一方で人間が生きていく上で、いろいろな“とらわれ”が生じやすいから」だという。(「素直な心になるために」pp.18-21)

 

 つまり、素直な心の周りに余計な知識や知恵が覆ってしまったために、素直な心が隠れてしまっているということになる。そうだとすれば、それらを取り払ってやることができれば、再び“素直な心”が現れてくるはずである。

 

 それでは、素直な心になるためには具体的にはどうすればよいのであろうか?

 

 経営において素直な心を常に想起させるメカニズムとして、松下幸之助は「天地自然の理法に従った経営」(「実践経営哲学」p.46)というものを重視した。“素直な心”は、この“天地自然の理法”の一部と位置づけられている。

 

 曰く、「自然の営みというものには、私心もなければ、とらわれもないと思います。いってみれば、文字通り素直に物事が運び、素直な形でいっさいが推移していると思うのです。」「それ(筆者注:経営)を人間の小さな知恵、才覚だけで考えてやったのでは、かえって自然の理にもとり、失敗してしまう。・・・やはり根本は人知を超えた大きな天地自然の理に従って経営をしていくということでなくてはならないのである。」(「実践経営哲学」p.50)

 

 ここでいう「天地自然の理法に従った経営」とは、「たとえていえば、雨が降れば傘をさすというようなこと」であり、「なすべきことをなし、なすべからざることをしないということ」を意味し、それができていれば、「経営は本来成功するようにできている」というのだ。(「実践経営哲学」pp.45-46、p.49)

 

 「なすべきこと」とは、「いい物を生産し、販売し、安価で、多くの人たちに満足されるような品物を扱(うこと)」「人情の機微に即した商売のやり方をす(ること)」(「経営秘伝」江口克彦著p.67)を意味していた。そして、このような経営を行っていくためには、経営者に“素直な心”がなければならないとする。

 

 ところが、心に何かとらわれがあると、雨が降っても意地を張って傘をささず、雨に濡れてしまう。これでは、経営はうまくいかない。それは、「なすべきことをなしていない姿であり、それはすなわち、天地自然の理に反した姿である。経営の失敗というのは、すべてそういうところから出ているといってもいいであろう。」(「実践経営哲学」pp.30-32)

 

 松下幸之助は、このことを自然から学んだ。難しい問題にぶつかり、思い悩んだときに、じっと天地宇宙を考え、自然を、周りの景色を眺めてみる。お日さまを見ていると、ああ、素直な心で考え、行動しなければと、自然に感じられてくる。「考えてみれば、この宇宙に存在する一切のものが、自然の理法に従って、おのれにとらわれず、それぞれの行動をしておるんや。人間も宇宙自然の存在ならば、同じように自然の理法に従って、自分にとらわれず考え、行動しないといかん。」(「経営秘伝」江口克彦著pp.249-250)

 

 それ故、「自然と親しむ」こと自体が、“素直な心”になる方法だという。曰く、「大自然の営みの中に身をおいて、静かに自然の形を見、その動きを観察していくならば、しだいしだいに素直な心というものを肌で理解し、それをみずからの内に養っていくということもできるようになると思うのです。」(「素直心になるために」p.177)

 

 また、素直な心になるためのその他の方法として、松下幸之助は、まず素直な心になることを「強く願う」ことを挙げている。「強く願う」ことは、成功するために常に必要なプロセスとして松下幸之助が強調するものであった。

 

 また「自己観照」によって、いわば自分の心をいったん外に出して、その出した心で自分自身を眺め返してみる、つまり自分で自分を外から客観的に観察することを松下幸之助は提唱している。

 

 さらに、「日々の反省」を挙げ、うまくいったかどうか、うまくいったなら、どうしてうまくいったのか、うまくいかなければ、どこにうまくいかない原因があったかを考えてみる。その反省の結果を次のときに生かして、失敗をより少なくしていくことを提唱する。

 

 その他「先人に学ぶ」「体験発表」「忘れないための工夫(素直バッチを作る)」など様々な方法を提案している。(「素直な心になるために」より)

 

 ただ、上に述べた方法は、いずれも強い意志を必要とする。そこで、筆者のような凡人にも入りやすい方法をいくつかこれに加えてみたい。その方法とは、素直な心になるということは、心の持ち方を変えること、つまり心の問題であるが、そのために心を直接コントロールしようとするのはなかなか容易ではない。そこで“身体”から入る。

 

 心と身体がつながっているということは、最近の科学によりわかってきている。

 

 例えば、いわゆる偽薬でも、医者から「これは良く効く薬だから、安心して飲みなさい」と言われて、それを心から信じて飲めば、本物の薬と同等の効果が出ることが実験で確認されている。いわゆるブラシーボ効果と言われるものである。これは心が身体に影響を及ぼす場合である。逆に身体が心に影響するのは次のような場合である。例えば可笑しくなくても無理に笑い続けると本当に可笑しくなってくる。あるいは、いらいらしてるときに深呼吸や複式呼吸をゆっくりと何度かすると気持ちが落ち着いてくるという場合である。 
 

 このように心と身体は、双方向で互いに影響し合う。これを利用する。

 

 第一の方法は、“瞑想すること”である。瞑想することによって、人間の身体はリラックスし、脳波はアルファ波の状態となり、左脳の機能が低下して、五感からの外部世界の知覚情報のインプットが遮断され、右脳が優位の状態となる。(“変性意識状態”)人間の様々な“とらわれ”は、論理や知識を扱う左脳が主に創り出すものである。とすれば、瞑想することにより、左脳の機能が低下し、日常生活の中で有するとらわれが弱くなる。松下幸之助自身、毎朝“根源の社”に向かって、瞑想し、「今日も一日素直な心でいられますように」と祈ったということは意外に知られていない。素直な心になるために、瞑想を活用していたのではないかと考えられる。

 

 それ以外にも自律訓練法など様々な方法がありうるが、詳細は、別稿に譲ることとする。

 

 そもそも自分が何にどのようにとらわれているのかということは、どのようにしてわかるのであろうか。自分の考えや行動を決めている自分自身の“価値観”(自分が重要だと考えていること)や“信念”(自分が正しいと考えていること)がどのようなものであるかということである。

 

 多くの場合、自分の持つ“価値観”や“信念”をすべて認識していることはない。それらは、潜在意識のレベルにある場合があるからである。また、自分の経験から学び取り、自ら意識的に選択したというものばかりではないからである。例えば、批判能力の不十分な子供の頃に、親や学校の先生、あるいは新聞やテレビなどのマスコミなどから一方的に“繰り返し”入ってくることによって、それらが“信念”として形成されてしまったものがある。人間の脳は、その内容の“真否”や“正誤”に関係なく、“繰り返し”聞かされることによって、情報がインプットされ、新しい“信念”が形成されるようにできているからである。しかも、そのようにして形成されてきた“信念”は、潜在意識の中に存在しており、自分自身も気がつかない。

 

 つまり、私たちは、自分自身ですら気づかない価値観や信念を持っており、それらが自分の習慣的な思考パターンを形成し、日常的に自分の望まないような方向で物を考えさせ、判断させ、行動させているということが起こりうるということだ。人生を振り返ってみると、繰り返し同じような過ちを犯してしまうことがあるが、それこそこの習慣的な思考パターンのなせる業である。

 

 これらの信念や価値観は、潜在意識のレベルにあるため、顕在意識では気がつかない。それらを直接把握することはできないが、間接的に把握することはできる。

 

 この点、松下幸之助の提案する“自己観照”は、極めて有効である。一人静かに座って自分自身を外から眺め、自分の考えや行動に現れたそれらの信念や価値観を見るのだ。曰く、「自分から一旦外に出て、自分自身を客観的に眺め、評価する」、具体的には、自分が何を考えてどう行動し、どのような結果になったかを逐一観察することを通して、自分の価値観や信念を間接的に“棚卸し”して、自分の認識の対象や評価、判断を不当に狭めている価値観や信念を見つけ出すことができるのである。そして、次にそれらを自分にとってより役に立つものに置き換えるのである。

 

 また、松下幸之助は、自分の周囲の人や物は、「心の鏡」、即ち自分の心の反映だとして、それらをよく観察すれば、そこから間接的に自分の心のあり様が見えてくるとも述べている。曰く、「身なりは鏡で正せるにしても、心の歪みまで映し出しはしない。だから人はとかく、自分の考えや振る舞いの誤りが自覚しにくい。しかし、求める心、謙虚な心さえあれば、心の鏡が随処にある。自分の周囲にある物、いる人、これすべて、わが心の反映である。・・・この謙虚な心、素直な心があれば、人も物もみなわが心の鏡として、自分の考え、自分の振る舞いの正邪が、そこにありのままに映し出されてくるだろう。

 

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

 

Please reload

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Instagram Icon

Copyright © 2016 Yuki Miyazaki  All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now